【茶器/茶道具 香合】風炉用香合 粒菊蒔絵丸香合(内銀:側面金梨地) 関口輔聖作 【smtb-KD】:いまや茶の湯日本茶・今屋静香園 - 30e48

2020-01-10

【茶器/茶道具 香合】風炉用香合 粒菊蒔絵丸香合(内銀:側面金梨地) 関口輔聖作 【smtb-KD】※当店の古い在庫品です。
仕様風炉用香合
サイズ大振り(一文字香合)
約直径9.3×高2.1cm
作者関口輔聖作
木箱
  (目吉丸柴)
(・200000)
【コンビニ受取対応商品】

【関口輔聖】
※作者は5代川端近左に弟子入後、独立し大阪市で活躍中
※茶道具の制作にあたり、伝承漆芸を日々精進・研鑽中
【塗り師:関口輔聖作】<風炉用香合:大ぶり(一文字)>
(粒菊蒔絵丸香合:内銀・側面金梨地)
・・・・・
【粒菊】つぶぎく、と読む
●粒菊蒔絵は、意匠化された模様でよく作品にあります。
。・・・・
風炉用香合 粒菊蒔絵丸香合(内銀) 関口輔聖作

風炉用香合 粒菊蒔絵丸香合(内銀) 関口輔聖作


・・・・・<参考資料>・・・・・
【道具の見どころ】「参考:保育社発行:茶道入門・茶道用語」
・・・・・
香合・・室町時代の書院台子の茶事の時代は、香炉に重きが置かれ・・・利休の時代になって、炭点前が茶事に置いて、必ず行われるようになり、次第に香合の地位があがったと言えます。
一、香合には,風炉用の塗物と炉用の陶磁器とに大別されますが,兼用の貝などもあります。小型は炭点前に,大型のものは床飾りにも用いられます。
一、現在は風炉用として塗物・蒔絵・瓢フクベ・貝などの香合が,炉用として陶磁器が用いられています。貝の香合などは炉・風炉共に用いられることもありますが、●『練香ネリコウを、用いる場合は香合を汚さないように椿の葉を敷いて入れる習わしです。』炭点前が済んだことを表したり省略する意味から,香合を床に飾ることが今日では広く行われるようになった。
勿論香合にも濃茶席に相応しいものと,薄茶席用のみのものなどがあり,その区別は個々について十分考慮する必要があります。
●一、江戸時代末期に至り,巷間に用いられていた香合について,当時の茶人等はこれを整理,評価を加えて優劣の判定を下し,その格付を行ったのが,安政アンセイ二年(1855)刊の『形物香合相撲番付表』です。
・・・・・<利休の四規七則>・・・・・
● 床飾り
一、大寄せの茶会では諸飾りをする。  お軸を中心に下座に花を上座に香合を紙釜敷に載せ飾る。
一、香合は炭点前を省かせていただきましたとの意味。
一、籠花入れは風炉の時期、薄板は用いない、花入、薄板ともに真、行、草の三種あり、飾り方も異なる。
 一、また、お軸が縦物か横物で、高さが違って来る。 これらの飾り方は古くから伝わる美意識が約束事になったのかもしれない。
送料無料
風炉用香合
一文字香合
価格
129,650円 (税込140,022 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜2日の発送可能
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く